神前式ってどんなことをするの?

神前式は神道の神様の前で結婚を誓う、日本の伝統的な挙式スタイルで、神社や、ホテルや結婚式場の神殿でおこなわれます。

流れを簡単に説明すると、神職がまず祓詞を述べ、参列者に清めのお祓いを授けた後、結婚を神前に伝える祝詞を奏上し、二人の永遠の幸せを祈ります。その後、三々九度の杯で新郎新婦が永遠の契りを結ぶ「誓杯の儀」、巫女による「神楽奉納」、新郎新婦が神前で誓いを読み上げる「誓詞奏上」、新郎新婦が神前に玉串をささげる「玉串奉奠」に続き、指輪の交換をした後、親族がお神酒をいただき、神職のあいさつで終了します。ホテルなどの神殿では神楽奉納をしないことが多いですが、式自体は30分以内で終了します。

新郎新婦はどんな衣装?参列する場合の服装は?

神前式では、新郎は紋付き羽織袴の正装が原則です。新婦は白無垢が一般的ですが、色打掛を着る人もいます。新郎新婦の母親は黒留め袖、父親は紋付き羽織袴かモーニングで参列することが多いです。

もともと神前式は家同士を結ぶ儀式ですので、親族のみが参列するとされてきましたが、最近では、友人の参列が可能な神社や神殿が増えています。友人は洋装でも構いませんが、神殿は神聖な場所ですので、露出が多い服装は避けるべきです。新郎新婦の衣装や場の雰囲気に合わせ、和装で参列するのがおすすめです。

神前式、どんなカップルにおすすめ?

神道では、結婚は二人だけの問題ではなく、家同士の結びつきだと考えます。そのため、家族親族だけで結婚式をしたい人には、神前式はうってつけです。また新婦が着用する白無垢や色打掛は、一生に一度しか着ることができません。古式ゆかしいおごそかな儀式ですので、日本の伝統にのっとった結婚式をあげたい人にもおすすめです。

神前式は神社でおこなう結婚式のことです。新郎は紋付き袴、新婦は白無垢や色打掛と、最も格調高い衣装を着ます。最近では和装での結婚式に憧れるカップルが増えています。

Sunday, 2021年9月26日
Menu