日本の伝統的な神前式の挙式スタイル

結婚式の挙式スタイルはいくつかあります。それぞれに意味や特徴があり、衣装だって違います。各挙式スタイルの基本情報を知ったうえで、ふたりに相応しいのはどのスタイルかということを考えていきましょう。神前式は神の前で三三九度の杯を交わして、神主さんの前で誓詞を読み上げて結婚を誓う形式です。場所は神社やホテル、専門式場の神殿で執り行われます。白無垢や色打ち掛けなどの和装をまとい、和の魅力あふれた格調高い挙式スタイルが特徴です。原則的には親族のみの参列ですが、近年では友人たちも参列できる結婚式場もあります。

女性憧れの純白のドレス!キリスト教式の挙式スタイル

キリスト教式は、牧師さんや参列者の前で永遠の愛を誓い、神の祝福を受けます。愛の証となる結婚指輪の交換もおこないます。場所はチャペルやホテル、専門式場でおこなうのが一般的です。衣装は女性が夢見る純白のウェデングドレスを着てバージンロードを歩くのが恒例のシーンです。本来はキリスト教信者の結婚式の形式ですが、キリスト教の信仰がなくても問題はありません。

堅苦しさがない!自由スタイルの人前式

人前式は神前式やキリスト教式のように宗教にこだわらない、自由なスタイルが特徴の挙式です。人前式の場合、参列者の前で誓いの言葉を述べ、結婚証明書に新郎新婦と立会人の代表が署名するのが通常です。ホテルやレストラン、テーマパークなど、挙式が執り行われる場所の自由度も高いです。決まりの形式はないため、自分たちのこだわりのある演出を計画することもできます。衣装も和装・洋装と挙式の雰囲気に合わせて選べます。

神戸の結婚式場として、海を一望できるチャペルや、有形文化財に指定されている歴史ある迎賓館などが挙げられます。

Wednesday, 2021年6月16日
Menu